井手治療所

奈良市にある井手治療所です。 はり・きゅう・指圧マッサージを中心に 施術を行っています。

Photo: 治療内容の案内
  1. HOME
  2. 治療内容の案内

治療内容の案内ABOUT

治療について

基本は指圧・はり・灸を組み合わせて治療を行いますが、指圧だけあるいははり・灸だけの治療も可能です。

指圧は手でやさしく安全に

骨に触れて関節(頭・背骨・頸・腰・骨盤・肩・手足等)の動きを整えます。

筋肉(スジ)を伸ばし、コリをほぐしてやわらかくします。

ツボを手で刺激します。

血液などの体液の流れをよくします。

はり・灸でツボ刺激すると・・・

神経にはたらきかけて痛みを和らげる、血液循環を良くする、免疫力をアップさせる、皮膚の緊張を和らげる、筋肉のコリをほぐしてやわらかくする(特に指圧の刺激がとどかない深部のコリに有効)等の効果があるとされています。また熱刺激のお灸には身体を温める効果もあります。

はり・灸は中国伝統医学の中で、気の流れを整えて治療する最適なアイテムです。少しファンタジーじみていますが、中国伝統医学では気の流れが乱れると病気になると考えます。

鍼(はり)

使用するはりは髪の毛ほどの細いものから太いもの、短いもの長いものと多種あるものの中から患者さんあったものを選びます。身体に刺すこともあれば、刺さずに軽くあて皮膚をこするだけのものもあります。また火鍼(かしん)などの特殊なはりもあります。

灸(きゅう)

皮膚の上で直接『もぐさ(艾)』を燃やす従来のお灸だけでなく、皮膚との間に台紙やビワの葉を置きその上でもぐさを燃やす(ビワの葉灸)や、鍼の頭にもぐさをつけて行う(灸頭鍼)などもあります。

診療の流れ

望診・聞診・問診・切診から得た情報をもとに患者さんに合わせた施術方法を考え、納得していただいてから施術を始めます。

望診 顔色・体型・動作、舌診等
聞診 声色・足音・匂い等
問診 症状・生活習慣等
切診 コリの状態等・身体に触れて得る情報・脈診

全身を治療します

基本として身体全体を治療しています。事情により全身を治療できない場合でも、全身を意識して身体全部のバランスを考えて治療します。

例えば肩こりを治療する場合は、コリのある肩周辺を施術するだけでなく手足や指の関節をゆるめたり、胸や足の筋肉のコリをほぐしたり、頸を軽くのばし調節したりします。

他にも耳鳴りや難聴の患者さんには耳の周辺だけでなく足のツボにも施術します。また逆子の治療には三陰交と至陰のツボにお灸するだけでなく、指圧の施術で肩や骨盤を調節して、足の筋肉のコリもほぐします。

これらのように全体的なアプローチを施すことは、より一層の治療効果が得られることと考えています。

Q&A

はりは痛いの?

痛くない気持ちよいはり治療をしますが、症状によって必要であれば多少の痛みを伴うはり治療を施術することもあります。その場合は必ず患者さんの了承を得てからになりますのでご安心ください。


お灸は熱い?火傷しない?

ポカポカと暖かい気持ちよいお灸を施術します。通常お灸では火傷しませんが、症状によって必要であれば軽い火傷を起こす可能性のある方法で施術を行うこともあります。

この場合でもはりによる施術同様に、きちんと説明したうえで患者さんの了承を得られた場合のみに限ります。


指圧は痛そうで怖い…

関節を無理やり動かしたり、ボキボキと音がするまで身体をねじったりは決してしません。また筋膜が炎症をおこすほど強く揉んだりもしません。強い力で行う指圧は危険なだけで治療効果は得られません。


どんな症状の患者さんが来ますか?

  • 肩から背中にかけてパンパンに張ってツライ
  • 疲れがたまってしんどい
  • 病院の検査は異常ないのになんだかだるい
  • 胃腸が弱い・便秘または下痢しやすい
  • 肩こり肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)・頸椎症・頸肩腕症候群・テニス肘・ゴルフ肘・手根管症候群
  • 腰痛症・座骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・肋間神経痛・顎関節症・末梢神経麻痺(顔面神経麻痺・橈骨神経麻痺)
  • 頭痛・突発性難聴・耳鳴り・めまい
  • バセドウ氏病・粘液水腫
  • アレルギー性鼻炎・慢性関節リウマチ
  • 月経不順・不妊症・逆子・安産
  • 乳幼児の夜泣き・疳の虫・夜尿症
  • 脳血管障害の後遺症・外傷(骨折、捻挫等)の後遺症
  • ヘルペス・イボ・ウオの目

などいろいろな症状の患者さんを治療させていただいています。中には力が及ばず満足いただける結果を出せなかった場合もありまが、病院の治療等の併用も含め患者さんと相談しながら、少しでも症状が軽減もしくは回復する手助けができたならと思い毎日の施術に励んでいます。

PAGE TOP